ぐれごりーの工房

【FF14】パッチ4.0忍者の変更点まとめ

time 2017/06/03

【FF14】パッチ4.0忍者の変更点まとめ

こんにちわ~。

先日公開されたメディアツアー記事から各ジョブの新旧アクション比較をして変更点をまとめました。

今回は忍者です。

では早速見ていきましょう。

sponsored link

削除されたアクション

■蜂毒

■無双旋

■不意打ち

■蛇毒

■舞踏刃

変更のあったアクション

■ぶんどる

蛇毒削除によりHP吸収削除。「忍気」30上昇が追加。

■喉斬り

蜂毒削除により追加効果は沈黙に固定。

■影牙

コンボ条件が風断ちに変更。さらに斬耐性デバフ付与も追加。

新アクション

■口寄せの術・大蝦蟇

キャスト:インスタント
対象とその周囲の敵に火属性範囲魔法攻撃。威力:400
発動条件:「忍気」80

■六道輪廻

キャスト:インスタント リキャスト:50秒
対象に無属性魔法攻撃。威力:550
発動条件:「忍気」80

■天地人

キャスト:インスタント リキャスト:100秒
効果時間中に実行する2回の忍術のリキャストタイムを1秒に短縮し、かつ印を消費せずに忍術を実行することができる。
さらに、効果時間中に実行する忍術の威力を100%上昇させる。
効果時間:10秒
効果時間中、印と忍術以外のアクションを実行することはできず、移動を行うと天地人は即座に解除される。
発動条件:「忍気」80

新特性

■毒刃

自身の与物理ダメージを5%上昇させる。

■毒刃II

自身の与物理ダメージを20%上昇させる。

■集気法

「忍気」が上昇するようになる。
発動条件:オートアタックの実行時

■縮地効果アップ

縮地のリキャストタイムをリセットする。
発動条件:火遁の術、雷遁の術、氷遁の術の実行時

■ぶんどる効果アップ

「忍気」を30上昇させる。
発動条件:ぶんどるの実行時

雑感

まずは削除されたアクション。
蜂毒/蛇毒が削除され、効果が変わっていたアクションも一律化されました。
与ダメアップ効果は新特性の毒刃として残りましたね。

無双旋/舞踏刃は削除されたことによりスキル回しが大分楽になりそうです。
舞踏刃の斬耐性デバフは影牙に引き継がれたので弱体ってこともないですね。

不意打ちも削除されましたが、使う機会少ないからですかね。

変更のあったアクションについては影刃のコンボルートが風断ちに変わり、双刃旋→風断ち→旋風刃/影刃/強行破点突への派生となってdotやデバフ、風遁の維持は楽になりそうですね。

あとは新特性の集気法で忍気が溜められるようになり、3つの新アクションが使用可能になります。

口寄せの術は範囲攻撃、六道輪廻は単体に大ダメージ、天地人は忍術3連発、とどれも異なるタイプのアクションです。

天地人は忍術が3連発で撃てるだけでなく、使用した忍術のダメージが2倍になりますので、忍気が溜まったら基本は天地人で忍術ぶっぱ。リキャスト待ちなら六道輪廻とかになりますかね。

天地人中は動けないので、敵の攻撃を見極めて使用するタイミングも重要になりそうです。

天地人の忍術3連発はアクション名どおりに天・地・人で結んで、風魔手裏剣→雷遁の術→水遁の術、が一番ダメージ出ますかね。

まとめ狩りのときは風魔手裏剣→火遁の術→土遁の術、ですかね。
火遁の術も天地人中なら口寄せの威力抜きますから、やはり忍術ダメ2倍は大きいですね。

あと、新特性で特定の忍術使用で縮地リキャストリセットがありましたけど、そんなに縮地使うんですかね。。。
もしかしたら縮地でシャカシャカ移動する上忍が見られるかも?

忍者をまとめるとスキル回しの大幅簡略化と新アクションで忍術大活躍!って感じです。

ではまたノシ

★パッチ4.0「紅蓮のリベレーター」最新情報まとめページ作りました!
【FF14】パッチ4.0「紅蓮のリベレーター」最新情報まとめ

sponsored link

sponsored link

プロデューサーレターLIVE



sponsored link